Skip

会場に合わせたウェディングドレス

挙式でウェディングドレスを着るにあたっては、そのウェディングドレスの雰囲気が挙式会場に合っているかどうかも、あなたの美しいウエディングドレス姿を披露する上で、重要な要素となってきます。
このページでは、そんな、会場ごとに、あなたを美しく見せるための、会場で着こなすウェディングドレスの違いなどを書いていきます。

教会で結婚式

やはり、教会においては、シンプルで清楚なイメージを演出するため、露出が少ないウェディングドレスがおすすめでしょう。
肌の露出を避けて、フルレングスやハイネック・長袖という服装がもっとも正式な装いとなりますが、厳粛な教会においても、最近はそれほど装いにうるさくはないようです。
教会で行う結婚式というと、ロマンチックなイメージが先行しています。
ですが、そのようなイメージだけではなく、キリスト教における結婚の意味も知り、失礼が無いようなウェディングドレスの装いで挑むことを忘れないようにしましょう。また、 ベールと手袋は必ず着用しましょう。
教会ならではの、ゆったりとした空間や、長めのバージンロードに映える、長いトレーンやベールといった小物類で、あなたがきれいな花嫁であることを演出できます。

ページ上部へ

ホテル・結婚式場・披露宴会場で結婚式

一番多いパターンなのがあ、このホテルなどの式場で上げるパターンでしょう。
ホテルや専門の披露宴会場などは、天井も高いし、あmた広い会場であることが多く、豪華な装飾・そして演出効果がとても華やかなことが多いです。
それに合わせる様に、ウェディングドレスも、華やかで、少し大げさなくらいの装飾をした方が良いくらいです。
特にオススメなのは、照明によってキラキラと美しい光を放つような、スパンコールや、スワロスキーを多く使ったウェディングドレスです。

また、 あなたの体型との兼ね合いも考え、ベストなウエディングドレスを選びましょう。もちろん、ベールなどの小物を使うのも重要な役割を果たすでしょう。あなたと、ウェディングドレスをグッと引き立ててくれるような小物を選ぶのは、出来れば、そのウェディングドレスをオーダーして作ってもらったならデザイナー、そしてレンタル・ウェディングドレスであれば、貸衣装屋さんなどの担当者の意見を聞きながら、行いましょう。

ページ上部へ

レストランウエディングで結婚式

レストランウェディングやハウスウェディングなどにおいては、広さやゆとりがあまり無く、非常にカジュアルなスタイルで行われることが多いです。ですので、ウェディングドレスを着るのであれば、まず動きやすさを優先して、軽やかに動ける素材・そしてデザインを選びましょう。
この場合、トレーンはあっても動きにくいので、あっても短いものを選びましょう。Aラインやスレンダーラインがシンプルなウェディングドレスが最適でしょう。

ここで、案外見落としがちなのは素材感でしょう。
レストランウェディングの場合、ゲストとの距離が近いために、素材の良し悪しはお客さんの目から見ても分かりやすいです。
ウェディングドレスは上質な素材を使ったもので、またデザインはシンプルなもの・・というのがベストでしょう。
ブーケは、腕につける愛らしいタイプであるリストブーケなどがオススメ。

ページ上部へ

海外ウェディングで結婚式

海外で挙式を挙げる場合、ウェディングドレスはシワになりにくい素材のもを選びましょう。
長旅で、せっかくのウェディングドレスにシワが入りやすく、汚れやすいのが欠点です。ですので、持ち運びやすいパニエ無しのスレンダースタイル・そしてマーメイドライン・細身のAラインなどのものがオススメです。

遠く、 ヨーロッパなどの聖堂で行う場合は、宗教的な取り決めなどもあります。事前に会場スタッフと相談しておきましょう。
また、業者による現地へのウェディングドレス発送サービスや、現地でのウェディングドレスのレンタルサービスを利用する方法などもあります。

ページ上部へ

おすすめWEBサイト 5選

2014/12/5 更新